残業を証明できる資料を集めよう

もし会社に残業代を請求することになったら、
あなたはどの様な証拠を用意しますか?
働いたという証が記載されていて、自分の手元に残っている書類は、
おそらく給料明細位しかないと思います。
けれど給料明細にあなたが本当に働いた時間は記載されていますか?
残業代を請求するくらいですから、実働時間は書かれていませんよね。
ではどんな物が証拠になるのか。
まず挙げられるのがタイムカードだと思います。
しかしタイムカードは基本的に会社が管理している物ですから、
コピーを取って手元に残しておくなどは難しいですよね。
最近ではタイムカードを実施していない会社も増えていますから、
残業の証拠としてタイムカードはなくても大丈夫なんですよ。
実際の就業時間前にタイムカードを押させるという違法な行為を行っている
会社も多いですからね。
タイムカードがダメなら、いったい何が証拠になるのか?
自分で書いた出勤時間に関するメモや、あなたの家族が書いている日記などが
残業の証拠として採用されるんですよ。
もちろん3日坊主のメモや日記では証拠としての能力は低くなりますが、
日常的にメモをとる習慣のある人の書いた労働時間は証拠として採用されるんです。
日記は仕事のことだけでなく、時事的なことも書いてあるとさらに良い証拠になるそうです。
メモ書きなどの紙の資料がない方は会社のパソコンを見てみて下さい。
メールを送受信したら必ず送った時間が残っているはずです。
あなたがメールを送信した時間が勤務時間外だったとしたら、
メールも残業をしたという立派な証拠になります。
帰宅する際に家族に「今から帰る」と送ったメールはありませんか?
時間や日付が分かる様に社内で写真を撮り、その写真をメールに添付するのもいいですね。
今まで会社にいたと分かる様なメールはいざという時に大事な証拠になるので、
迷惑メールと一緒に削除してしまわないように気をつけましょう。
その他には同僚や元同僚の証言も重要になってきます。
「一緒に残業をしていた」や「いつも残って仕事をしていた」などと
証言をしてくれれば、その発言も証拠として採用されるんです。
残業代がキチンと支払われるに越したことはないのですが、
大手の会社でも倒産をしてしまう時代です。
何も証拠がなくて泣き寝入りすることになってしまうのは自分です。
常に最悪の事態を考えて、最低限の資料を残すクセをつけましょう。
まずは日記を書くことから始めることをお勧めしますよ。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします