残業代を請求するならプロの手で。

もし未払いのままの残業代を請求することになったら、
自分の力だけで解決しようとせずにプロの力を借りましょう。
もちろんプロの力を借りるという事ですから費用はかかりますが、
かかってしまう費用以上にメリットの方が多いんですよ。
まずはプロとはどの様な職業のことを言うのかご説明します。
1つ目は法律の専門家である弁護士です。
2つ目は資料の作成と簡易裁判を代行してくれる司法書士。
以上の2つの職業に当たる方に残業代の請求依頼をするのが一般的だと言われています。
どちらの職業の方に頼んでもそれぞれに違うメリット・デメリットがあります。
自分に会う専門家を選んで賢く残業代を請求しましょう。
弁護士に依頼する場合。
弁護士に依頼する際のメリットは、残業代の請求に関するすべての事をお任せできる
点にあるかと思います。
残業代を証明する際の内容証明の作成から、会社との話し合い、裁判についても
どの様な種類の裁判になったとしてもそのままお任せすることが出来ます。
会社によっては残業代の未払いを認めず、話し合いの場を作ろうともしない場合があります。
会社側との話し合いが出来ないとなると、裁判は避けて通れません。
自分の会社が話し合いに応じないと感じた場合は最初から弁護士に依頼するのが得策です。
次に弁護士に依頼する際のデメリットですが、費用が3つの職業の中で1番高いという点でしょう。
司法書士、行政書士の仕事を兼務することができるので、弁護士の依頼料は高くなってしまします。
金銭的余裕があり、全てを1つの職業の方に任せたいという人は弁護士に依頼するのが良いでしょう。
司法書士に以来する場合。
司法書士の方に依頼する際のメリットは内容証明書の作成を代行する以外に、
簡易裁判を依頼者の代わりに引き受けてくれる点にあるかと思います。
司法書士と言えば法的な書類を代筆するだけかと思われがちですが、
簡裁訴訟代理の認定を受けている司法書士に限っては、140万円以下の少額裁判である
簡易裁判を取り扱うことが可能なんですよ。
内容証明書に司法書士の名前が入っているだけで、会社側に対する圧力にもなりますし
簡易裁判までなら任せることが出来ますので、弁護士より気楽な気持ちで依頼したいという方には
司法書士に相談することをお薦めします。
デメリットとして挙げられる点は、弁護士ではありませんので残業代の
請求が140万円以上の高額な金額になった場合は、裁判を取り扱うことが出来ません。
また、簡易裁判についても認定を持っていない司法書士は取り扱うことが出来ませんので確認が必要となります。
途中から弁護士に切り替えることは可能ですが、費用は司法書士、弁護士の両方にかかりますので
無駄な出費となりますね。
まずは無料相談を行っている弁護士・司法書士事務所を探して話をしてみることが1番よいでしょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします