あなたの労働時間は労働基準法に沿っていますか?

あなたは労働基準法に記載されている正しい労働時間を知っていますか?
法で定められた労働時間は1日8時間迄で、週では40時間迄となっています。
また8時間以上の労働時間なっている場合は、1時間以上の休憩時間がなければいけません。
週1日の休日を作ることも労働基準法に記載された義務となっています。
したがって1日の労働時間が8時間以上ある場合は残業となり、基本給とは別に残業代として
賃金が支払われなければいけないのです。
たとえ仕事をしていない時間帯があるからと言って、
待機時間を労働時間に含まないことは違法行為にあたります。
労働時間として認められている状況は以下のようなものが挙げられます。
・作業時間
当然仕事をしている時間は労働時間です。
営業なら外回りで歩いている時間も労働時間になりますし、
接客業で接客をしていない時間も労働時間として認められます。
・手持ち時間
電話番をしている、責任者の指示を待っている、データが納品されるのを待っている。
この様な何も仕事をしていない状況を手持ち時間といいます。
何もしていないのだから労働時間とは認められないと思われがちですが、
仕事を待っている時間も労働時間の内に入るのです。
・着替えをする時間
会社の規則によっては着替え時間を労働時間として含まない所もあるでしょうが、
義務付けられた制服を事務所などで着替える時間は本来なら労働時間として認められているのです。
逆に労働時間として認められていない状況には以下のようなものがあります。
・出張先での移動時間
出張先についてからの業務時間内での移動は労働時間に含まれます。
しかし出張先への移動時間は労働時間とはなりません。
会社に命じられた出張であっても、労働時間に含まれるのは出張先での業務時間内の移動だけです。
以上の様な事柄が労働時間として法的に認められています。
逆に言えば上記に記載したこと以外の時間は労働時間として認められていないんです。
・休憩時間
当然ではありますが休憩時間は基本給に計算されていません。
ですので休憩時間中に行った仕事は労働時間としては認められませんので、
休憩時間はしっかりと休むことに使いましょう。
・社内での組合活動
組合活動が認められているのは就業時間外で行う場合がほとんどです。
組合活動は会社での職務内容とは本来関係のないことですから、
労働時間に含まれないのは当然かと思います。
緊急的に組合の会合を就業時間内に行う必要がある場合は会社側に手続きを取る必要があるので
ご注意ください。
何が労働時間になり、何が労働時間にならないのかを理解した上で、
労働基準法に記載された労働時間を遵守するよう努めましょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします